SESの評判が悪い理由について考察してみた

ITの業界でSESは切っても切れない関係です。

今後どうなるかはさておき、

今回はSESがネットでよく批判されているのを目にするので、

あくまで個人的に考察してみた。

【給料が安い!!】

まずSESでよく言われているのが"給料が安すぎ"という内容ですね。

給料が何と比較をして低いと言われているのかまでは分かりませんが、

これは私はSESだからという訳ではないと思っています。

SESでも給与は世間一般収入(サラリーマンの平均年収)と同じ、

またはそれ以上出している会社はたくさんあります。

つまり、SESも他業界もそうですが給料等の待遇は会社によって異なるので、

給料が高いところに転職すればいいだけの話では?とも考えられます。

【常駐先が変わることによるストレス】

こればかりは人それぞれなので良いとも悪いとも言えないのですが、

ストレスになる人はSESはやめた方がいいとは思います。

ただ、同じ場所・同じ人達と働くことがストレスになる時は必ずあると思います。

私がこんな事を言うと良く思われない方もいるかとは思いますが、

SESはストレスになるくらい嫌いな人から離れることも容易(営業は大変ですが笑)

にできますし、辛い案件があったら撤退しても構わないんです。

これってとても魅力的だと私は思うんです。

つまり選択肢が一般的な会社員より多いということなんです。(※あくまで個人的見解)

しかも色々な会社の人脈増やせるのもメリットですし、

さらに撤退して次案件に参画した時は、心機一転頑張ろうという

まるで転職したかのような気分になって再スタートできますし。

私のような考え方であればSESはお勧めしますが、

どうしても常駐先が変わるのがストレスという方は大手Sierの方が良いと思います。

(※大手Sierの方でもSES程ではありませんが常駐先が変わることもあります)

【スキルを伸ばしづらい】

何のスキルを伸ばしたいのかによります。

エンドとの客先折衝スキル、プログラミングスキル、マネジメントスキル等・・・。

エンジニアとしてのスキルといっても一つではないんです。

プログラム書けないけど客先折衝や上流工程が得意な人もいれば、

その逆も然りです。大切な事は自分がエンジニアとして何が得意か、

何が向いているかをしっかり自己分析することかなと。

そして自己分析をした結果、SESでも出来ることなのかどうかを

判断すればいいのかなと。

環境はもちろん大事ですが、環境次第で自分が伸びるか伸びないかを決めてしまうと

選択肢がどんどん狭まってしまうと思うので。

これもまたSESだけでなく会社も同じくですね。

【ブラックな会社もある】

ブラック企業かどうかは社員の捉え方次第なのかと。

給料が安いからブラックなのか、

行きたい案件に行かせてもらえないからブラックなのか。

さすがに給料未払いとか、

残業が慢性的に続いているのに会社が何もしてくれないとかは

ブラックと言われても仕方がないとは思いますが、

SESはただでさえ、会社と社員の距離が離れているので

そうそうブラックと捉えられることは少ないのでは。

もし「いやいや自分とこの会社マジでブラックですよ」

なんて方がいらっしゃいましたら、是非弊社に来てください笑

結論からいうと、SESだからという批判に関しては、

この先も無くなりはしないと思いますが、

そもそもそこまで批判されるレベルなのかな?と個人的に思います。

まあ弊社もSESをやっているので肯定したいという気持ちも正直ありますが笑

ただ、私もSESのエンジニアとしてたくさんの良い思い出ができましたし、

本当にそんな悪いものでもないですよ!と言いたい笑

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SESの目指すべきエンジニアのタイプってありますか?

SESの目指すべきエンジニアのタイプってそもそも何だと思いますか? 私が思いつくのは以下の4つかなと。 ①技術に特化したエンジニア →既存の技術はもちろんの事、最先端技術も独学で身につけていく。 フレームワーク等の環境のメリデメを熟知し、 ツールにも強いので、PJを進めていく時の相談役になれる人物。 こういったエンジニアはそう多くないのかなと。 なぜなら、技術はこの先も成長し続けると思いますし、

SESの待機保証っておかしくない?

先日、SESの評判の悪さについて考察しましたが、 SESの評判が良くないことについて1つ追記しようかなと。 SES業界では、エンジニア(社員)が次の案件が決まらなかった場合に、 待機保証があるかないかというのも働く社員にとってはとても重要であると思います。 私がエンジニアの時は、契約社員は"契約満了"ということで保証は無し、 正社員でも6割保証(労基上、最低限支払わなければならない賃金)でした。

PPAPについて

PPAPと聞くと、ピコ太郎を想像するが今回表題に挙がっているPPAPは、 ビジネスメールで普通のやり取りとして利用しているパスワード付きZIPファイルでの やり取りを指します。 普段、普通のやり取りとしてパスワード付き圧縮ファイルを送受信したりしておりますが、 実際「これってセキュリティ対策になってるの?」って疑問に思ったりしたことありませんか? 人によっては、ファイル添付メールと同時に本文にパス