SESの待機保証っておかしくない?

先日、SESの評判の悪さについて考察しましたが、

SESの評判が良くないことについて1つ追記しようかなと。

SES業界では、エンジニア(社員)が次の案件が決まらなかった場合に、

待機保証があるかないかというのも働く社員にとってはとても重要であると思います。

私がエンジニアの時は、契約社員は"契約満了"ということで保証は無し、

正社員でも6割保証(労基上、最低限支払わなければならない賃金)でした。

他の会社でも基本給満額ではなく、

6割保証や7割保証といったSES企業はたくさんあります。

しかし、そもそも何故待機保証というものが存在するのかと、ふと疑問に思う。

例えば、他業界で社員として働いているとして、

会社「今、特にやってもらう仕事ないから今月の給料6割ね。

   家で待機してていいよ!」

社員「え。。。そんなん知らんし。。

   じゃあ他の仕事まわしてくださいよ。。

   ってか正社員になった意味。。。

   6割って学生のバイト代かよ。。。

   月々の支払いどうしよ。。」

ってなりませんか?

ただ労基上は休業という形で休業手当として6割出せば問題ないとか。

6割ということは諸々引かれて10万にも満たない人達もいる訳ですし、

帰属意識も薄れますよね。

今はコロナの雇用調整助成金を利用して補填している会社もあるとは思いますが、

そういった理由もSESが煙たがられてしまう要因の1つなのかなと個人的に推測してます。

1つ言えることは、会社として社員を雇用するということは、

それなりの責任とリスクと覚悟が必要ですし、

何より社員あっての会社ですから、

雇用した以上はしっかりと満額給料を支払うべきだと私は考えますけど。

エンジニアさんが生きやすいSES会社がもっと増えてくれると良いなと

心から思っていますし、弊社もエンジニアさんにとって良い会社と

言ってもらえるよう努力をしなければと自分で言い聞かせてます笑

ちなみに、当たり前ですが弊社は待機しても満額出していますよ!!笑

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SESの目指すべきエンジニアのタイプってありますか?

SESの目指すべきエンジニアのタイプってそもそも何だと思いますか? 私が思いつくのは以下の4つかなと。 ①技術に特化したエンジニア →既存の技術はもちろんの事、最先端技術も独学で身につけていく。 フレームワーク等の環境のメリデメを熟知し、 ツールにも強いので、PJを進めていく時の相談役になれる人物。 こういったエンジニアはそう多くないのかなと。 なぜなら、技術はこの先も成長し続けると思いますし、

SESの評判が悪い理由について考察してみた

ITの業界でSESは切っても切れない関係です。 今後どうなるかはさておき、 今回はSESがネットでよく批判されているのを目にするので、 あくまで個人的に考察してみた。 【給料が安い!!】 まずSESでよく言われているのが"給料が安すぎ"という内容ですね。 給料が何と比較をして低いと言われているのかまでは分かりませんが、 これは私はSESだからという訳ではないと思っています。 SESでも給与は世間一

PPAPについて

PPAPと聞くと、ピコ太郎を想像するが今回表題に挙がっているPPAPは、 ビジネスメールで普通のやり取りとして利用しているパスワード付きZIPファイルでの やり取りを指します。 普段、普通のやり取りとしてパスワード付き圧縮ファイルを送受信したりしておりますが、 実際「これってセキュリティ対策になってるの?」って疑問に思ったりしたことありませんか? 人によっては、ファイル添付メールと同時に本文にパス